2017年11月13日

人生100年時代ライフデザイン

日本人の平均寿命は、女性87才、男性81才ですが、
女性は4人に1人が95才
男性は4人に1人が90才まで生きると言われています。
(第1生命経済研究による)

周りを見ると、70才80才90才でもアクティブな人が多い
と感じる。概念が変わってきている。

以前は60才定年で、それ以降は余生なる言葉があったが、
今や100年時代となると、50才で折り返し時点となり、
60才はそれに10年たしただけである。

後の半分の人生プランを考える時代となってきた。
政府の人生100年といい、80才まで働けと言わんばかり
となってきた。

人生100年のライフプランを考えなくてはならない時代に
なってきた。



この本を読んで研究してみたらどうでしょうか?
人生100年とは言っても、もちろん健康あってのことだから、
健康には十分気をつけて自分らしく生きたいと思う。

それには、今までの引き出しだけではなく、新しい事に
チャレンジしたり、本当にやりたいことを突き詰めたりと
人生豊かに生きられる時間を多くもらえるような気がする。

この本は、大規模な調査を基にその意識や行動を読み解いて
あり、参考にしてみてください。

posted by genkidayon at 16:37| もう一回花を咲かせよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする