2017年03月15日

富士山学レンジャーになろう

富士山学レンジャー養成講座と言うのがあります。
2013年に世界文化遺産となり、さらに多くの登山客を
 集めるようになった富士山。

 「日本一の山」として私たちの心も支えてくれるシン
 ボル的な役割を果たす裏側で、実は多くの問題を抱えて
 おり、文化遺産登録が抹消される可能性がある状況です。
 富士山学レンジャー養成講座とは
 その富士山を守り、再生させ、さらに発展を担えるよう
 な人材を育成するための講座です。
■富士山を知り、伝え、守っていける人材を育成

 そもそも"レンジャー"という言葉を耳にするのが初めて
 という方も多いと思います。

 レンジャーとは森林や自然公園など、自然のある地域で
 監視や自然保護を担う人たちのこと。海外には多くいます。

 富士山には山梨県がレンジャーを設置する制度を設けて
 いるものの、数が少なく、世界から集まる登山客をサポート
 しきれていない現状です。

 この講座を通し、富士山の環境や現状を正しく理解し、
 それをガイド活動時に伝え、将来的に山を守っていける
 人材=富士山学レンジャーを育成したいと考えているようです。


 ■修了後は富士山ツアーのガイドサポートができる

 当講座を一定の成績で修了すると、一般社団法人富士山学協会
 が「富士山学レンジャー」として資格を認定します。

 やりがいや富士山好きの仲間ができるメリットの他に
 ツアーガイドのサポートを行うことで収入も得られる
 仕組みです。
興味のある方は
富士山学レンジャー ≪通信教育・通信講座のがくぶん≫
をご覧になってください。





posted by genkidayon at 17:21| もう一回花を咲かせよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする